Suprematism

シュプレマティスム(シュプレマティズム、スプレマティズム、スプレマチズム;Suprematism, Супрематизм: 絶対主義)とは、ロシアにおいて、1915年に、カジミール・マレーヴィチが主張した、抽象性を徹底した絵画の一形態。

シュプレマティスムは絶対主義や至高主義などと訳されます。

抽象絵画の1つの到達点ともいえる。

シュプレマティスムでは絵画は四角形、円、三角形、十字形などの単純な幾何形体のみによって構成されます。

シュプレマティスムはキュビズムを応用して生まれた芸術運動で、後のロシア構成主義に影響を与えました。

キュビスムと未来派の影響を受けたクボ・フトゥリズモ(立体未来主義、立体=未来派)の集大成という位置付けで、マレーヴィチが主張した。その内容は「絶対象」という意味で、禁欲的で完全なる抽象絵画である。

 

具体的な実作品としては、1915年頃の「黒の正方形」「黒の円」「黒の十字」「赤の正方形」、1918年の「白の上の白(の正方形)」)など(いずれもマレーヴィチによる)。

冷たい抽象とも言われた。

17世紀までビザンティン美術が続いていたロシアでは、18世紀にピョートル大帝主導のもと、西洋の芸術家や絵画を積極的に国内に招き、西洋の影響を受けた絵画が生まれ始めた。

そして、20世紀になるとロシア独自の絵画を生み出す機運が高まったという時代背景があった。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です