維新派 : アマハラ

長年、観劇し続けてきた維新派が、主宰・松本雄吉氏の死去によって「解散」となり、「アマハラ」は最後の公演となった。

精華小学校や犬島など思い出に残るものばかりです。

 

最後の公演は、奈良の平城宮跡で。

「アマハラ」は2010年に犬島で上演した『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』がベース。

そして見入っているとあっと言う間に終わってしまった。

 

そして、なくては困る屋台村。

この空気感は最高です。

もう観劇できないのが、ただただ残念でしかなりません…。

You may also like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です